ボニックを使ったダイエット、産後はいつから大丈夫なのか

ボニックを使ったダイエット、産後はいつから大丈夫?

ボニック 産後 いつから

 

妊娠すると体重や体型に変化が現れます。出産すると、10ヶ月もの妊娠期間が終わり、体も身軽になります。

 

ですが、赤ちゃんが生まれてしまったのにもかかわらず体型が

 

  • お腹がポヨンポヨンのままだな
  • 妊娠前の体重に戻らない
  • 体重は元通りに減ったけど、体型が妊娠前と全然違う

 

といったように、気になったり悩んだりしているママも多いのではないでしょうか?

 

特に体重が元に戻らないと焦るママは実際に多くいます。

 

産後は、育児を行いながら家事もしなくてはいけないことから、ダイエットにまで手が回らないのが実情ですよね・・

 

そんなとき、色々な部位に、手軽に使うことができるボニックは効果的です。

 

ここでは、産後のダイエットと、ボニックを使った方法についてご紹介いたします。

 

最新のボニックプロで産後ダイエット >>

 

ボニックの使用は産後1ヶ月から1ヶ月半を過ぎたくらいから可能!

 

産前からボニックを使用していた方は、産後すぐからでもボニックを使いたいと思われている方もいるのではないでしょうか?

 

でものこのボニック、いつから使用してもいいのか気になりますよね。

 

実はボニックには、産後での使用制限などはありません。そのため、ダイエットが出来る体調が整えば、使用することは可能です。

 

ただ、産後1ヶ月以内は使用しないほうがいいでしょう。

 

産後1ヶ月は、古くなった血を外に出し、新しい血を作り替えています。

 

そのため、激しい運動などを控え安静にしておかなければ、出血の量が増えたり、期間も長くなったりしてしまいます。

 

ボニックは、低周波と超音波で刺激を与えますので、動かなくても筋肉には刺激を与えることになりますので、出血への影響も考えられます。

 

このようなことからも、いつから使用すればといえば、1ヶ月、できれば1ヶ月半くらいからが安全にボニックを使用することができるお薦め時期といえます。

 

産後ダイエットはいつから始めるのが良い?

 

妊娠中から、産後の体型について悩まれえる方は多くいます。

 

赤ちゃんが生まれたらすぐに、『体重や体型を元に戻そう』と考えているママは多いことでしょう。

 

実際にテレビやメディアに登場するママさんタレントを見ていると、産後でもすぐにスリムな状態なので、自分でも可能だと感じてしまうものです。

 

ですが、出産は想像以上に身体に負担がかかります。体力の消耗も激しく、産後の身体には大きなダメージが残ってしまいます。

 

そのため、産後すぐのダイエットは厳禁です。

 

特に、産後で退院前は無理はしてはいけません。また退院したからといって、出血などにもつながる可能性があるから、退院後すぐもできるだけ安静にしておきましょう。

 

出産後1ヶ月程度は、出産で消耗している体力を回復させなければいけない時期であるとともに、赤ちゃんにしっかりと母乳を与える大事な時期でもありますので、ここでの無理なダイエットはしてはいけません。

 

しっかりと栄養バランスの良い食事を心がけて、安静にしておくようにしましょう。

 

また、出産で骨盤の状態も不安定になっていますので、産後すぐにダイエットを始めると、かえって体調を崩してしまったりと、体の害になってしまったりしてしまうのです。

 

このようなことからも、産後は1ヶ月検診を目安に、体調に問題がなければダイエットをはじめていきましょう。

 

産後のダイエット、目的はしっかりと定まっていますか?

 

妊娠中に増えてしまった体重、赤ちゃんのためと思って蓄えてしまった脂肪。これらは流動性の脂肪だから痩せやすいということを聴いたことがないでしょうか。

 

これは、産後の身体が自然治癒的に、元の状態に戻ろうとすることから、妊娠中についた脂肪も燃えやすいということからそのように言われています。

 

ですが、子供を出産したからといって、勝手に自然に痩せるとは限りません。

 

年齢や、産んだ人数、体質や生活習慣など、色々な要因によっても違ってきます。また、自然分娩化帝王切開かによっても違い、母乳で授乳ができるかどうかでも違っていたり。

 

そのような色々な要因があるため、一概に妊娠中についた脂肪がすんなり取れるとは限らないのです。

 

そもそも、医学的にもそのような脂肪は存在しません。

 

いくら赤ちゃんを守るためについた脂肪だからといっても、出産したから産後に減るものではないのです。

 

一方、妊娠中に蓄えられた脂肪は、乳脂肪に変化をします。そのため、一般的に母乳で授乳ができていれば、普段通りの食事をしていれば、体脂肪は減って、自然に体重は減少します。

 

そのため、授乳中は栄養が必要になることから、食事制限のダイエットはしないほうがいいのです。

 

産後1ヶ月が経過し、体調も整ってくると、簡単な運動からはじめていきます。ですが、この際に、体重の減少を目的にしてしまうと、大きく失敗してしまいますので要注意。

 

産後のダイエットで意識しておかなければいけなのは体型

 

体型に大きく影響を与えるのは、出産に伴って開いてしまった骨盤です。骨盤が開いたままになっていると、その分内臓が下垂してしまう傾向にあります。

 

そうなると、下腹がぽっこりと出てしまいますので、お腹まわりがだらしなく見えてしまいます。

 

また、お尻が垂れさがった状態にも陥ります。このようなことからも、体重減少をターゲットにするのではなく、骨盤の矯正に主眼を置くようにして、体型を整えることを目的にしましょう。

 

結果とともに体重も減少していきますので、最終的には理想の体重に近づくことが可能なのです。

 

産後の体形変化は1年まで、ダイエットの勝負は産後の半年!

 

産後半年から1年の間は、妊娠中に赤ちゃんを守るためについた脂肪が落ちやすい時期です。しかし、早い人では半年を過ぎたくらいから、その脂肪は落ちにくくなってきます。

 

また、妊娠中から出産までで変化した内臓の位置や骨盤は、産後半年くらいは、動きやすくなっています。

 

そのため、骨盤の矯正を行うのはこの半年間が勝負になってきます。

 

骨盤の引締めをしっかり行うことで、脂肪の燃焼促進にもつながりますので、半年間が勝負だといえるのです。

 

 

産後のダイエットには、ボニックを有効利用しよう

 

母乳育児を行っていると、体重は減ってきたのに体型は戻らないということを経験された方は多いのではないでしょうか。

 

育児をしていて、妊娠前のような運動量をこなしていないため、体にたるみも現れてしまいます。

 

ですが、まとまった時間をとって運動をするということも中々難しいというのが本音ではないでしょうか。

 

そのようなママさんにおススメなのがボニックを使ったダイエットなのです。

 

ボニックは、充電式でコンパクトなので、赤ちゃんを寝かしつけた後に5分間だけその場で行うといったように、少しの隙間時間で使用することができます。

 

また静かですので、寝ている赤ちゃんを起こしてしまう心配もありません。

 

また、他のEMSマシーンのように、お腹だけにしか利用できないといったものではありません。

 

運動しただけでは使えない筋肉にも刺激を与えることができることから、部分的に引き締めることができます。その結果、部分痩せにつながるのです。

 

ダイエットサプリや無理な食事制限とは違い、ボニックは筋肉に働きかけるため、母乳に影響がありません。

 

そのため、授乳中でも安心して使うことができるのです。逆に血行が良くなることで、母乳がでやすくなるかもしれません。

 

産後は、赤ちゃんの育児もあり、自分のことだけ考えてダイエットをしてはいけません。

 

赤ちゃんに悪影響を及ぼさない方法で、産前の体型を取り戻すようにしましょう。

 

初回限定の特別価格でボニックを購入する>>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


page top