ボニックプロのホットモードが温かくないけど故障じゃないの?

ボニックプロのホットモードが温かくないけど故障じゃないの?

ボニックプロ ホットモード 温かくない

 

ボニックプロのホットモードを使っているけど、全然温かくならない・・

 

これって故障じゃないの? と思っている方もいるのではないでしょうか?

 

ボニックプロには、ラジオ波を使って脂肪をあたためて分解しやすくする機能と、EMSを使って筋肉を引き締める機能があります。

 

また、そのどちらの機能を使う時にも作動するのがキャビテーション機能。

 

これはホットモードで温まり、分解されやすくなっている脂肪の分子を、振動の力で破壊する役割があります。

 

そのため、ホットモードで脂肪を温める時から振動で分子を揺さぶり破壊を始め、シェイプモードでEMSを行うときにも、継続して振動させて分子を破壊し、脂肪をリンパに流しやすくする効果があるのです。

 

ボニックプロのホットモードを試してみる>>

 

でも、このホットモード。温かくして脂肪を分解しやすくとありますが、

 

ホットモードを使用した後に、肌に触れてみると、ほんの気持ち温かくなっている気がするような場合や、触れてみても普段の体温しか感じられないといった場合もあります。

 

本当にこんなので脂肪が温められて、分解などしているのでしょうか?

 

そこで今回は、ボニックプロのホットモードについてご説明します。

 

そもそもボニックプロのホットモードは、使っていても本体は温かくならない?

ボニックプロ ホットモード 温かくない
ボニックプロを使うときの手順は、ホットモードで対象部位を温めておき、その後シェイプモードで引締めを行っていくというものです。

 

ですが、ボニックプロのホットモードを使う場合、ボニックプロの本体は熱く感じることはなく、ぬくもりを感じたとしても、ほんのり温かいといったところでしょうか。

 

ボニックプロの本体は、ホットモードを使用しても温かくはならないのです。

 

はじめてボニックプロを使う場合、ホットモードで肌に本体を押し当ててもぬくもりを感じることがないので、もしかすると不良品だと勘違いをしてしまうかもしれません。

 

しかし、これは不良品ではなく、まして故障品でもないのです。

 

ホットモードで温めると聞くと、熱くなったボニックプロを肌に押し当てて、対象部分を温めるようなイメージを持たれたのではないでしょうか?

 

本体裏のヘッド部分がアイロンのように温かくなり、その面を肌に当てることで熱が伝わるというようなイメージだとすれば、本体が温かくならないので不良品ではといったような不安になっても仕方がありません。

 

ですが、このボニックプロを使った脂肪の温めというのは、肌表面から温めるというイメージとは違うのです。

 

表面から温めないことから、本体ヘッド部分も熱を持つ必要がないため、本体は熱を持たないのです。

 

表面から温めない、ホットモードの温めのメカニズムとは

ボニックプロ ホットモード 温かくない
ボニックプロのホットモードでは、本体が温かくない説明をしましたが、本体だけでなく、ボニックプロを直接当てている部位もあまり温かくなりません。

 

むしろ部位によっては、冷たいままという場合もあります。

 

ですが、肌から奥の深部では、脂肪は温まっているのです。

 

電子レンジを想像してみてください。

 

電子レンジを使ったとき、温めている食べ物などは熱を持ちますが、短時間の使用の場合だと、レンジの内部は熱をもちません。

 

この内部の熱は、食べ物が温められて放出された熱であり、レンジの機能で温まるというわけではありません。

 

電子レンジは、本体から発せられるマイクロ波で食べ物の水分を分子レベルで振動させ、その振動で生まれるジュール熱で食べ物を温めるのです。

 

ボニックプロのホットモードはマイクロ波とラジオ波の違いはあれども、電子レンジと同じメカニズムなのです。

 

本体接触面のヘッド部分から放出されるラジオ波が体内に浸透し、肌と筋肉の間にある脂肪の分子に働きかけ、分子を揺さぶるのです。

 

そうすることで、脂肪は熱を持ち、溶けて分解されやすい状態になるのです。

 

そのため、脂肪が厚いような部位であれば、反応して熱を持つ部分が深くなり、ホットモードの影響による熱を肌表面ではあまり感じなかったり、全く感じないということも起こり得るのです。

 

脂肪が少ない部位などであれば、肌から筋肉までの厚みが薄いことから、逆に熱く感じてしまうことも考えられます。

 

ボニックプロのホットモードを使って効果的にシェイプアップしていこう

ボニックプロのホットモードを使っても温かくないと感じる理由は、ご理解いただけたと思います。

 

このラジオ波を使った美容効果は近年注目されており、エステサロンなどでも渾身用のアイテムとして使われています。

 

このことからも、ホットモードだけでも効果があるといえるのです。

 

部位的にボニックプロのシェイプモードを使って痛みを強く感じてしまうような部分については、敢えてシェイプモードを使わずに、ホットモードだけ行い

 

分解・破壊された脂肪をリンパに押し流すイメージでハンドマッサージをするというのも有りですね。

 

部位に合わせた効果的な方法や、自分に合った快適な方法を見つけて、楽しくシェイプアップしてみてはいかがでしょうか。

 

ボニック 効果 詳細

 

ボニック 効果 詳細

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


page top