ボニックプロでセルライトは除去できるの?その効果やオススメの使い方を紹介

ボニックプロでセルライトは除去できるの?その効果やオススメの使い方を紹介

ボニックプロ セルライト

 

太ももや二の腕にできるデコボコの原因「セルライト」。

 

落としにくいと言われているセルライトですが、そもそもセルライトって何?と思っている方も多いと思います。

 

ここではセルライトの種類や原因、ボニックプロを使った効果的なセルライト除去の方法について解説していきます。

 

セルライトを除去できるボニックプロはこちら>>

 

そもそもセルライトって何?特徴的な4タイプのセルライトについて

そもそもセルライトとは肥大化してしまった皮下脂肪のことで、簡単に言ってしまえば脂肪の塊です。

 

ただし、中に老廃物が蓄積されて固くなってしまっているので普通の脂肪と比べて落としにくいという特徴があります。

 

セルライトは

 

  • 脂肪型
  • むくみ型
  • 線維化型
  • 筋肉質型

 

の4つの種類に分けることができ、それぞれ原因や落としにくさなどに違いがあります。

 

脂肪型セルライト

一般的に「セルライト」と呼ばれているのがこのタイプで、セルライトの半分以上はこの脂肪型セルライトです。

 

肥満で増えた脂肪細胞が原因で血液やリンパの流れが滞り、脂肪細胞の中に老廃物が溜まっていきます。

 

そして、老廃物が溜まったことにより脂肪細胞が固くなり、さらに血液やリンパの流れが悪くなってますます脂肪細胞が固く肥大化していってしまうのです。

 

このような悪循環が原因で発生するのが脂肪型セルライトです。

 

年代に関係なく発生し、つまめばデコボコが出てくるという程度でセルライトの中では比較的落としやすいという特徴があります。

 

むくみ型セルライト

むくみ型のセルライトは脂肪型に次いで多く、全体の3〜4割がこのタイプだと言われています。

 

冷え性だったりむくみがちだったりする人に発生しやすいのが特徴です。

 

冷えやむくみによる血行不良が原因ではあるものの、老廃物が脂肪細胞にたまってさらに血行やリンパの流れが悪くなっていくという悪循環で脂肪細胞がますます固くなっていくという仕組みは脂肪型とほぼ変わりません。

 

30代に差し掛かるあたりから出始めることが多く、脂肪型より落としにくいタイプのセルライトです。

 

線維化型セルライト

全体の1割程度がこの線維化型セルライトで、セルライト歴の長い30〜40代に発生することが多いです。

 

肥大化した脂肪細胞から分化した線維芽細胞が皮膚の方に引っ張られてしまうことにより、肌をつままなくてもデコボコが見えています。

 

脂肪型やむくみ型と比べるとさらに脂肪細胞が強く固まってしまっているため、落とすのは相当困難です。

 

筋肉質型セルライト

セルライトの中でも極めてまれなタイプで、運動をしていて筋肉質だった人が運動を止めて筋肉量が低下し、筋肉を覆うように脂肪が蓄積されていくことによりできてしまうセルライトです。

 

女性には少ないタイプではありますが、筋肉と脂肪が結びついてしまっているせいで4タイプの中では最も落としにくいとされています。

 

セルライトをマッサージだけで解消するのは難しい理由とは

ボニックプロ セルライト

 

セルライトは脂肪細胞が固くなってしまった状態なので、マッサージだけで解消するのは困難です。

 

お風呂で体を温めて血行を良くしたり、マッサージやストレッチで固くなった脂肪細胞をほぐしたりすることでセルライトのできにくい体作りをすることはできますが、セルライトが気になるレベルになってしまっていたら、簡単には落ちません。

 

セルライトの中では比較的落としやすいとされている脂肪型であっても、生活習慣の改善やマッサージだけで落とせるとは思わない方がよいでしょう。

 

「セルライトは固くなってしまった脂肪なのだから、力いっぱいマッサージして潰せばよいのでは?」と思う方もいるかもしれません。

 

実際、ネットなどでは

 

・力いっぱいマッサージして潰すことでセルライトを解消できる
・雑巾を絞るように揉むと良い

 

などといった情報を見かけることがあります。

 

しかし、これらは間違った方法なので絶対におこなってはいけません!

 

力いっぱいマッサージをしたところでセルライトが潰れることはありませんし、むしろ逆効果なんです。

 

なぜなら、セルライトは脂肪細胞が増加してリンパや血液の流れが滞り、脂肪細胞に老廃物が溜まって固くなってしまった状態だからです。

 

力任せにマッサージをおこなうことで毛細血管が傷ついてしまうと、さらに血行が悪くなり老廃物が溜まっていくという悪循環に陥ってしまいます。

 

ボニックプロでセルライトが除去できる理由

ボニックプロ セルライト

 

それではなぜ、ボニックプロでセルライトを除去することができるのかというと、ボニックプロにはRF・キャビテーション・EMSの3つの機能が搭載されており、その中でも特にキャビテーションという機能にセルライトを解消する効果があるからです。

 

そもそもキャビテーションとは超音波のことなのですが、超音波の中でも特に周波数の低いものをキャビテーションと呼んでいます。

 

キャビテーションは超音波を当てることで脂肪細胞を破壊・乳化し、排出しやすくする効果があるのです。

 

つまり、時間はかかりますが手強いセルライトも根気よくケアすることで分解できます。

 

またRFはラジオ波のことで、脂肪を温めて柔らかくする効果があります。

 

ボニックプロにはキャビテーション+RFの「HOTモード」があり、こちらのモードでケアすることで脂肪を温めた上で効率よく破壊・乳化できるというわけなのです。

 

また、ボニックプロのメインともいえるEMSもセルライトには効果的です。

 

EMSは筋肉に電気信号を送って強制的に動かして鍛えることができる機能なので、新陳代謝の促進に効果がありエネルギーの消費量がアップするので結果としてセルライトの解消に効果があります。

 

なお、ボニックプロにはEMS+キャビテーションのSHAPEモードが搭載されているので、筋肉に刺激を与えながら脂肪を破壊・乳化するというケアが可能です。

 

セルライトを除去できるボニックプロはこちら>>

 

ボニックプロでのケアとエステの違い

ボニックプロでキャビテーションができるのであればエステのキャビテーションは意味がないのでは?と思うかもしれません。

 

しかし、ボニックプロとエステで使われている機器とでは、その周波数に大きな違いがあります。

 

  • エステで使用されているキャビテーション:40kHz前後
  • ボニックプロのキャビテーション:330?360kHz

 

周波数の違いは威力の差ではなく、「どれだけ深い位置の皮下脂肪に作用できるか」という差になります。

 

エステで使用されている業務用キャビテーションは周波数が低いので、皮下脂肪の深い位置まで作用します。

 

このことにより、1回の施術で高い効果を得ることができるのです。

 

しかし低い周波数のキャビテーションはその人の肥満レベルに合わせて使わないと意味がないので、やみくもに低い周波数を当てれば良いというわけではありません。

 

そのため、エステでも家庭用レベル(330?360kHz)のキャビテーションが使われることもあります。

 

一方のボニックプロはキャビテーションとしては周波数が低いので、皮下脂肪の浅い位置までしか作用しません。

 

ただし、浅い位置までしか作用しないからといって効果がないというわけではありません。

 

1回の施術効果はエステの機器より低いものの、繰り返し継続して使うことで確実に効果を得ることができるのです。

 

ボニックプロでセルライトを除去できるまでの期間

頑固なセルライトはエステであっても、1回の施術を受けただけで解消できるものではありません。

 

個人差はありますが、最低でも週1回通って3ヶ月程度はかかると考えた方が良いでしょう。

 

そのため、1回の施術効果が低いボニックプロだとより長い時間がかかってしまうと思うかもしれません。

 

しかし、ボニックプロの強みは「毎日でも使えること」です!

 

最低でも週に3〜4回はボニックプロのHOTモード&SHAPEモードでケアをして、生活習慣の見直し(適度な運動や正しい食生活、冷え性の改善など)をすることでエステの同様3ヶ月程度で効果が出るケースもありえます。

 

ただし、個人差があるので「3ヶ月経っても効果があらわれない」とケアをやめてしまうのではなく、諦めずに続けるようにすると良いでしょう。

 

ボニックプロでセルライト除去の効果をさらに上げる方法

最後に、ボニックプロでセルライト除去をする場合により効果を上げる方法について紹介します。

 

お風呂でケアをする

ボニックプロのHOTモードでも脂肪を温めることはできますが、お風呂に入って体を温めてからケアするとより効果的です。

 

お風呂でボニックプロを使うことで、肌に塗るジェルを温めることもできるので一石二鳥ですね。

 

ただし、ボニックプロ本体は防水仕様ではありますが完全にお湯につけてしまうのはNGなのでその点だけは注意しましょう。

 

リンパマッサージと組み合わせる

キャビテーションにはあくまで脂肪細胞を分解する働きしかないので、分解された脂肪を老廃物として流すためにリンパマッサージをおこなうとより効果的です。

 

リンパマッサージは力を入れず、肌表面を優しくなでさする感じでおこないましょう。

 

人の体には

 

  • 鎖骨(鎖骨リンパ節)
  • 脇の下(腋かリンパ節)
  • 腹部(腹部リンパ節)
  • 脚の付け根(そけいリンパ節)
  • ひざ裏(膝かリンパ節)
  • 肘(肘リンパ節)

 

といったリンパ節があるので、マッサージの際はこれらのリンパ節に向かってリンパを流すイメージで肌をなでてください。

 

 

根気よくケアを続けていくことで、ボニックプロでもセルライトを除去することができるのです!

 

合わせてマッサージや生活習慣の改善もおこなって、セルライトの解消を目指しましょう!

 

ボニック 効果 詳細

 

ボニック 効果 詳細

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


page top