ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるのに最適な方法はコレ!

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるのに最適な方法はコレ!

ふくらはぎ 内側 筋肉 鍛える

 

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えると、女性の場合はほっそりとした美脚になることができます。

 

でも、どうやって鍛えたらいいのか分からない・・という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、ふくらはぎの筋肉の鍛え方について解説していきたいと思います。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに最適なボニックプロはこちら>>

 

ふくらはぎの内側の筋肉って具体的にどこ?

ふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋(かたいさんとうきん)」には「腓腹筋(ひふくきん)」と「ヒラメ筋」の2種類の筋肉があるのですが、腓腹筋は「腓腹筋内側頭」と「腓腹筋外側頭」に分かれているので全部で3つの筋肉があります。

 

ふくらはぎ 内側 筋肉 鍛える

 

いずれも走ったり跳んだりつま先立ちをしたりするときに使われる筋肉です。

 

このうち、ふくらはぎの内側にある筋肉は「腓腹筋内側頭」と「ヒラメ筋」です。

 

腓腹筋はアウターマッスルで、ふくらはぎの表面についている筋肉です。

 

 

つま先を上下に動かしたとき、手をふくらはぎに当ててみると腓腹筋が動いているのが分かると思います。

 

一方のヒラメ筋はインナーマッスルで、腓腹筋に覆われています。

 

特に、膝を曲げたときに使われる筋肉です。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛えるのはこんなにメリットがある!

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるとムキムキに太くなってしまうのでは?と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、女性は筋肉がつきにくいのでそれほどムキムキにはなりませんし、鍛えることで程よく筋肉のついたほっそりとした美脚になることができるのです。

 

ただ細いだけで筋肉のついていない足だと魅力的には見えませんし、ふくらはぎに程よく筋肉をつけることで足首をキュッと細く見せる効果もありますよ。

 

また、ふくらはぎの筋肉には下半身に溜まってしまう血液や余分な水分を上半身に送るポンプのような役割があり、ふくらはぎには「第二の心臓」という別名もあるんです。

 

ふくらはぎの筋肉を鍛えることで冷えやむくみの改善できるので、全身のダイエット効果も期待できますよ。

 

初心者向け・ふくらはぎの筋トレ3選

専用のマシンや筋トレ器具がなくてもOK!家でもできる初心者向けのふくらはぎの筋トレを紹介します。

 

カーフレイズ

「カーフ」は下腿三頭筋で、名前のとおり下腿三頭筋を鍛えるためのトレーニングです。

 

  1. 足を肩幅に広げて立つ
  2. かかとをできるだけ高く上げて、ゆっくりと下ろす
  3. 15回で1セットとし、2〜3セットおこなう

 

背すじをピンと伸ばしておこなうのがポイントです。
慣れてきたらかかとを上げた状態で2秒ほど静止するとより筋トレ効果が高まりますよ。

 

今回紹介したのはカーフレイズの基本動作で下腿三頭筋全体に効果がありますが、特に腓腹筋に効果的なトレーニングです。
こちらの基本動作を椅子に座った状態で膝を90°に曲げておこなうと、ヒラメ筋を効果的に鍛えることができますよ。

 

ドロップスクワット

カーフレイズと比べて、下半身への負荷が大きいトレーニングです。

 

  1. 足を軽く開いて立ち、ジャンプしながらすばやくお尻を後ろに引きつつ腰を落とす
  2. 腰を落とすのと同時に、両手をグーにして胸の前で合わせる
  3. 10回で1セットとし、2〜3セットおこなう

 

動きが早く、フォームが崩れやすいので鏡を見ながら丁寧におこなうよう心がけると良いでしょう。

 

スクワット&フロントキック

ボクシングエクササイズにもあるフロントキックの動きは爽快感があり、楽しみながらふくらはぎを鍛えたいという人におすすめの筋トレです。
スクワットとのコンビでおこなうことで、抜け目のない美脚メイクができますよ。
足を大きく振り上げるので、広いスペースを確保しておこなってください。

 

  1. 足を軽く開いて立ち、手はグーにしてあごの下辺りに当てる
  2. お尻を後ろに引きながら腰を落とす
  3. 腰を元の位置に戻すのと同時に片足を前に振り上げてキックする
  4. 足を交互に変えながら10回で1セットとし、3セットおこなう

 

ポイントは背中を丸めないことと、キックするときには足の付け根から振り上げることです。

 

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるのにはボニックプロがおすすめ!

ふくらはぎ 内側 筋肉 鍛える

 

ふくらはぎの筋トレについては前述のとおりですが、紹介したものは基本的に下腿三頭筋全体を鍛える筋トレとなっています。

 

ふくらはぎの内側の筋肉・腓腹筋内側頭を特に鍛えたいと言う場合はボニックプロを使うのがおすすめです。

 

ボニックプロはEMSを使って筋肉を鍛えて引き締める効果のあるボディケアマシーンなので、部分的に筋肉を鍛えることができるんです。

 

ただし、ふくらはぎの内側の筋肉だけを鍛えてしまうとバランスが悪くなってしまいます。

 

ふくらはぎの内側の筋肉を重点的に鍛えたいという場合も、外側の筋肉を鍛えることも忘れないようにしてくださいね。

 

ボニックプロでふくらはぎ内側の筋肉を鍛えることができるメカニズム

ボニックプロは、どのようなメカニズムで筋肉を鍛えることができるのでしょうか?

 

ボニックプロに搭載されているEMSは、筋肉に電気刺激を直接与えることで強制的に筋肉を運動させることができます。

 

本来、人の筋肉は脳からの司令がないと筋肉を動かすことができないので、「がんばって運動をする」という意識がないと筋肉を鍛えることはできません。

 

しかし、EMSならば自動的に筋肉を動かしてくれるので、がんばらなくても筋肉を鍛えることができるのです。

 

スクワットやカーフレイズといった筋トレをせず、空いた時間でラクラク筋肉を鍛えることができるのが、ボニックプロの魅力なんですね。

 

また、ボニックプロにはRFとキャビテーションも搭載されています。

 

  • RF(ラジオ波):高周波の一種で、体の内部から温めることで代謝をアップしたり、セルライトをほぐしたりする効果があります。
  • キャビテーション:超音波の一種ですが、通常の超音波より強いパワーで脂肪を破壊する効果があります。

 

ボニックプロは、EMS・RF・キャビテーションのそれぞれを単独で使うことはできませんが

 

  • RF+キャビテーションの「HOTモード」
  • EMS+キャビテーションの「SHAPEモード」

 

の2つのモードを搭載しています。

 

HOTモードで肌を温めてからSHAPEモードでEMSの電気刺激を筋肉に与えることで、効率よく筋肉を鍛えることができるのです。

 

ボニックプロでふくらはぎの内側の筋肉を鍛えることのメリット

 

ボニックプロでふくらはぎの内側の筋肉を鍛えることのメリットについてまとめてみました。

 

ボニックプロは「ながら筋トレ」ができる

カーフレイズやスクワットといった筋トレは、動きを間違ったり適当におこなったりすると効果が出ないこともあります。

 

しかし、ボニックプロは当てるだけでふくらはぎの内側の筋肉を鍛えることができるので、テレビを見ながら、お風呂に入りながらなどの「ながら筋トレ」が可能です。

 

筋トレだけに集中しなくてもOKなので日常の習慣として取り入れやすく、一つの部位にかける時間はたった5分で大丈夫なので忙しい方でも続けやすいというメリットがあるのです。

 

※ただしボニックプロ本体を水につけるのは厳禁なので、お湯に入りながらの使用は避けてください。

 

ボニックプロにはセルライト除去や脂肪燃焼の効果もある

ボニックプロは筋肉を鍛えるだけではなく、キャビテーションやRFの働きでセルライトをほぐすことができます。

 

マッサージではなかなかほぐすことが難しい頑固なセルライトも、ボニックプロで柔らかくすることで除去しやすくなります。

 

また、体を温めて血行を促進する働きもあるので、体のめぐりが良くなりむくみを解消することができます。

 

また、血行促進により代謝がアップするので脂肪燃焼効果も高くなるし、消費エネルギー量も増えるので全身のダイエットにも効果が期待できるんですよ。

 

ボニックプロ専用のジェルにも引き締め効果あり

ボニックプロには専用のジェルが2種類あるのですが、どちらも引き締め成分がたっぷり配合されているので、併せて使うことでボニックプロの効果をより高めてくれます。

 

ボニックプロでケアする時間もないほど忙しい!というときはジェルでマッサージするだけでも引き締め効果や美肌効果が期待できますよ。

 

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるのに最適な方法まとめ

 

カーフレイズやスクワットなどの筋トレも継続しておこなえば効果はありますが、きつい筋トレは長続きさせるのが難しいもの。

 

ながら筋トレが可能なボニックプロでふくらはぎの内側の筋肉を鍛えて、ほっそりとして健康的な美脚を目指しましょう!

 

ボニック 効果 詳細

 

ボニック 効果 詳細

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


page top